Team Foundation Server

弊社ではMicrosoft社のクラウドサービス

Visual Studio Dev Essentialsを使用してMagic xpaなどのバージョンコントロールをおこなっているのですが

たまに

「使用されたパラメータが有効ではありません。」
「不明確な失敗」

現システムをアップしようとすると失敗することが
そんな時はedpファイルの中を変更。

<VCActive val="Y"/>
<WorkOffline val="N"/>
<VCProjectName val="$/〇〇〇〇〇〇/△△△△△△△"/>
<VCProjPath val="https://〇〇〇〇〇〇.visualstudio.com/|××|◇◇◇◇◇◇◇◇◇"/>

ここらあたりがバージョンコントロールの記述の「はず」なので他プロジェクトと見比べてはいかがでしょうか^-^?