loading

MAGIC xpaでエクセルがインストールされていないPCでもエクセルデータの加工を行う手段

TAGS C# Excel MagicXpa

RIAサーバーなんかでやっているとサーバーにエクセルは入れないけどエクセルのデータを加工したい時ってありますよね?

ないですか?

通常ならOLEを使うところですがエクセルが無い場合は「ClosedXML.DLL」を使用します。

では簡単なエクセルデータ作成手順をやり方は状況によって違いますが

① ClosedXMLをコンポーネントにいれます。

② 3つの変数を宣言します。

workbook  .=.net    オブジェクトタイプ ClosedXML.Excel.IXLCell

worksheet .=.net   オブジェクトタイプ  ClosedXML.Excel.IXLWorksheet

cell.=.net   オブジェクトタイプ ClosedXML.Excel.IXLCell

 

③ タスク前処理

項目更新 workbook に DotNet.ClosedXML.Excel.XLWorkbook() を代入

④ レコード後処理

項目更新 worksheet に WorkBook.Worksheets.Add(‘シート名’) を代入 シートの指定

項目更新 cell に WorkBook.Worksheet(‘シート名’).Cell(行番号,列番号) セルの指定

アクション DNSet(cell.Value ,’たけもとやすお’) 内容のセット

⑤ タスク後処理

WorkBook.SaveAs(‘C:\user\ezo\PDF\AAAAA.xlsx’) データの保存

 

これでエクセルに数値などを配置できますね。

注意点としては「.xlsx」のみの作成となることですね。


About ezoSTYLE

MAGIC XpaとAngularを使用してのWEBシステムや.NETクラウド業務システムの開発を主に行っております。
C#ではMAGIC Xpaから呼び出すサブプログラムとしてCTI(電話やFAXをPCと連携させたシステム)連携、SuicaのようなNFCカードリーダー・ライター連携、バーコードリーダー連携などを行っております。
また、企業の紹介や商品の紹介をアニメーションで行う業務も取り扱っております。